九州というのに
湯布院の冬は寒い。
その寒さのおかげで美しい
自然の風景が見られる。
トップへ
九州横断道路の雪がやっととけて、別府から湯布院へ山越えでいけるようになりました。そこから見る標高1583メートルの由布岳の雪景色や、今から冬の厳しさが訪れるという平地の風景を紹介します。
↑白くなった雪山は絶景です。 ↑由布岳の冠雪に比べると、下の高原は殆んど雪がありません。
↑草が枯れたなだらかな高原は、艶かしい人肌のようで、美しい茶色の肌を見せているようです。

↑この風景は別府、湯布院間(九州横断道路)の由布登山口辺りで見ることができます。
↑狭霧台では湯布院盆地を一望できます。肌を突き刺すような冷たい風が吹いています。

↑お正月はこの盆地が雪で真白になっていました。その後少し気温が上がり雪は見られません。
↑ここから見る由布岳が一番近くに見えます。

↑カメラをズームアップしてみるとファインダーで見える山は手が届くぐらいの距離にあるようです。

↑それでは盆地内へ降りて行ってみます。

↑田んぼは、冬の湯布院の風物詩、藁こづみがあちこちで見られます。
↑ゆったりのんびりした静かな時間が流れます。田舎の癒される風景です。

↑冬の空は空気が澄んでいて、青さがひと際目立ち、周りの風景を引き立てます。

↑金鱗湖付近は観光客で賑わいますが、このあたりは本当に静かです。 ↑この写真は元日の日駅前の様子を撮影したものです。暗くて道路の両端に雪が積もっています。

↑車はヘッドライトをつけて、人は傘をさして寒そうに歩いています。

↑2月はじめの大雪で町は真白になりました。みかんにも雪がちょこんとのっています。

↑川の水も凍りました。
↑雪の中に花一輪。たくましく可愛いですよ。 ↑こんな長いツララ。九州ではあまり見かけないと思います。



湯布院での過ごし方のひとつ、
目的もなく、町なかをぶらりと散策するのが面白い

ぶらリ…散策へ続く


ホームへ