由布院駅の裏側は田舎を
味わえる田園風景が拡
がっています。その風景を
見るのは、トロッコ列車が
気軽でいいですよ。
まことに残念ですが、トロッコ列車「TORO-Q」の運行は平成21年(2009年)11月30日を最後の運行で廃止になりました。廃止理由は、「TORO-Q」は1960年代に製造されたもので老朽化した為だそうです。
観光シーズンに走っているトロッコ列車。由布院駅と南由布駅を往復しています。トロッコ列車に乗って気軽に湯布院の田舎風景が味わえます。しかも料金が安い。大人も子どもも楽しめるおすすめの小旅行です。
駅にはこんなポスターを貼っていました。南由布駅までの片道は200円です。子どもは100円。 駅の構内にトロッコ列車は待っていました。
このトロッコ列車の名前はTORO−Qといいます。トロッコ列車といえば本来は荷物を運ぶ貨車のことですね その貨車を改造してお客を乗せて走ります。車輌の両窓が開いていて風に吹かれながら生の風景を眺めることができるんですね。
車内は開放的で、細長い木製の椅子とテーブルあります。乗客は自分の好きなテーブルに腰掛けます。 お菓子や飲物を持ち込んでこのテーブルに置けます。木製の椅子だから座り心地はあまりよくないね。でもそこがいいんだよね。
天井を見上げるとちょっとレトロっぽいランプ?が付いています。 布巾が用意されていました。座席が濡れたときにはこれで拭いてもいいようだ。
雨や寒さを避けるために一般使用の車輌もありました。立派な椅子ですね。 いよいよ出発です。次の駅「南由布駅」まで行きます。
ガタン!と大きな音がして列車が動き始めました。その時、気のせいかもしれませんが懐かしい石炭の臭いがしました。 ガタンゴトンとゆっくり走ります。
広い田園風景が見えてきました。 風に吹かれて、田舎の長閑な風景。いい気持ちだなー。
別の日に撮ったトロッコ列車が田んぼの中を走る風景です。 菜の花が線路脇にたくさん咲いています。
遠くまで拡がる田園風景はいい眺めです。 畑をトラクターで耕し、田植えの準備です。
トロッコ列車は3月中旬から11月までの土曜日と日曜日に走っていますが、6月から7月中旬は閑散期ということで走っていません。 由布院駅と南由布駅を一日5往復。午前11時ごろから午後2時過ぎまでの時間帯で運行しています。
後ろを振り返ると由布岳が見えてます。 由布岳がだんだん遠くなっていきます。
南由布駅に到着しました。
所要時間は約8分です。南由布駅で4〜5分停車します。 南由布駅はきれいなお花いっぱいです。
親切な車掌さんがニコニコと対応してくれます。 乗客は列車から降りて記念撮影をしたり、由布岳を眺めたりしています。
さて、これから由布院駅へ戻ります。このトロッコ列車に乗って由布院駅と南由布駅を往復する所要時間は約20分です。ちょっとだけ湯布院の田舎を味わってみようという方には最適な乗り物ですね 記念乗車券は由布院駅で買えました。400円。
シーズンにより運行日や運行時間が変わるようですから、JR九州ゆふいん駅へ問い合わせてください。電話0977-84-2021。



ホームへ