湯布院の魅力、
それは、田舎であること。
豊かな自然の中で
その田舎の象徴
田んぼのある風景こそが
癒しの風景だ。
 由布院駅の改札を出ると、大半のお客さんは、駅前通りから湯の坪通りのお店を見て周り、金鱗湖へ向う。これが湯布院観光の定番だ。湯布院に来た目的は何?静かな自然に囲まれた場所で、のんびりとした時間を過ごしたいと、湯布院に訪れるのではないでしょうか?静かで心癒される風景はすぐ近くにたくさんあります。湯布院の田舎の魅力を感じて行ってください!素朴な田舎の季節が変化させる田んぼのある風景をご案内します。いつ来ても優しく迎えてくれる、何気ない素朴な田舎の風景なのです。

↑4月、田んぼの一部は菜の花畑に変身します。この風景は「春が来た!」のページで案内しています。 ↑5月のゴールデンウィークが終わると田植えの準備が始まります。
↑田んぼに水が引かれます。あたり一面の水田風景です。その水に由布岳が映っていい景色になります。 ↑狭霧台から町を眺めると、町全体が水田のようです。とっても牧歌的な風景ですよ。
↑5月、田植えが始まります。一本、一本、水に浮いた早苗をみると、小さな稲の赤ちゃんです。 ↑若い緑がまぶしい風景です。
↑6月、梅雨にはいるとこんなに稲が成長します。 ↑緑色が鮮やかで、早苗の頃の色とはだんだん変わってきています。
↑狭霧台からは緑の色鮮やかな風景が見られます。 ↑田んぼの水を干して、農家のおばちゃんたちが草むしりや苗の手入れをしています。のどかな風景です。
↑7月、梅雨も明け、暑い夏を迎えました。 ↑早いものでこんなに稲が成長しています。
↑8月、豊かに実った稲。少し緑が黄色がかってきました。 ↑由布岳をバックに色鮮やかないい風景になります。
↑町中が緑一色になります。 ↑実るほど、こうべをたれる稲穂かな…。
↑9月、由布岳と田んぼが素晴らしい風景を醸し出します。 ↑狭霧台からの眺めも素敵な色合いです。夏から秋への涼しい風が吹いています。
↑9月も終わりになると、稲も色を変え、いよいよもうすぐ稲刈りだ。。 ↑案山子も見られます。
↑10月になるとすぐに稲刈りが始まりました。 ↑こちらの田んぼは機械刈りです。ほとんどの田んぼはこのように機械で稲刈りをします。
↑こちらは、昔ながらの日干し作業の風景。のどかな田舎の風景ですよ。しばらく見とれていました。 ↑お米はこうして何日か日干しをした方が美味しいそうです。
↑稲の品種により稲刈りが遅くなる田んぼもあり、稲を刈り終わった田んぼや、まだ稲がある田んぼの風景が見られます。 ↑こうして田んぼに昔ながらの藁こづみが作られます。
↑こんな風景は、都会ではまず見られないと思います。 ↑広々とした田園に草が生えて、緑の風景が広がります。
11月山が色づき最高の季節。 紅葉もピークを終え、いよいよ寒い冬になっていきます。
↑雪が降ると真白な風景。雪に日が当たると違う世界が見られます。 ↑藁こづみの綿帽子も。
こんな素敵な田舎の風景、いつの季節でもそれぞれに素晴らしい風景です。田んぼがあって、由布岳があって、豊かな自然。のんびりできる環境の湯布院に触れずに帰ってしまうのは、ちょっともったいないでしょう?




ホームへ