待ち遠しいなあ・・・春
寒い寒い湯布院がほんの少しだけ
暖かくなって、
春を迎える準備が始まった。
トップへ
3月、九州横断道路沿いの野山に火が放たれた。野焼きです。真赤な炎と白い煙が立ち昇り、みるみる枯れ草が燃えていきます。
バチバチと枯れ草の燃える大きな音がして、白い煙がそこら中に立ち込めてます。炎は凄い迫力で山の頂上目指して登っていきます。燃え尽きた枯れ草が真っ黒になっています。
山肌はベージュ色から焼け焦げた黒いまだら模様になっていきます。。
野焼きが終わり、春を迎える準備ができました。もうすぐ青々とした新芽や草花がやがて顔を出してくるでしょう。
町中の川沿いや野原を歩きながらよーく見てみると、可愛い花が咲き始めています。
ヒイラギ南天。 あじさいの芽立ち。
可愛らしい菜の花が咲き始めました。
春の七草のひとつ「ほとけのざ」、小さなかわいらしい花がいっぱい。
川のきれいな水に日ごとに広がっていくクレソンも食べごろ…。
これ何の花? ふきのとう
この花は百合かな? もうすぐ開くぞ!水仙。
ラッパ水仙。 八重のラッパ水仙。
広大な田んぼも耕され、眠りから覚めたように山が緑の色彩を帯びはじめます。 早くも水を引いている畑もあります。うっすらと由布岳が写っています。
黄色の菜の花が風景に色を添えて、のどかな風景が広がってきます。 土筆の坊やもニョキニョキと顔を出し始めました。
梅は満開です。 桜はまだまだ先ですね。


春は、ある日突然やってきました。
野に山に、明るい色と光がパッとひろがったようでした。
続いて…(頑張って見て!)

春が、来た!へ続く


ホームへ