宿体験"一覧

柚富の郷 彩岳館/案内と部屋 温泉 料理 コレクション 
 
■料理 
彩岳館さんのお料理は季節の材料により月替わりの会席料理です。食事場所は1階のレストランか2階の和室宴会場になっています。どちらの場所も広くて他のお客さんが気にならないゆっくりした雰囲気の中で食事ができました。板前さんが腕によりをかけた料理がたくさん出て大変満足しました。
 
夕食 
     
夕食は1階のレストランでいただきました。チェックインの時見た雰囲気が夕方になっていいムードになっていました。   席に座って写真を撮る準備をしました。   テーブルの飾っているちいさな透明の花瓶と花が可愛かった。   写真撮影するという事で料理長が特別にわざわざ別席に全料理を並べてくれました。
             
     
先ずはこれだけ料理を運んでくれました。お酒を飲みながらゆっくり食べ始めました。   小鉢。鯖に辛子で漬けています。ピリッとして鯖が美味しくお酒の肴にいいですね。   きれいな器にならんだ前菜。鮎の甘露煮、かに絹たまき、エビ、ゆずなどどれも手の込んだ料理です。   お刺身は鯛やあじ、イカにいくらがありそばの芽で彩りしていました。新鮮でよかった。
             
     
ゆば、ヒラ貝に雲丹酢をかけた料理。お酒がすすみます。   吸物は牡蠣や焼きネギが入っていました。もうここらあたりでお腹もふくれてきました。   「御品書」を確かめてみるとまだまだどんどん出てくるようです。   聖後院だいこん、南瓜白玉(黄色)の煮物。薄味でオシャレな感じ。
             
     
宝楽豆腐は熱いうちに食べると美味しいですよスタッフの方が言って出してくれた。   あんかけで食べた。キノコと豆腐の絶妙な味。御品書には「替り」と書いていた。   湯葉ステーキ、香ばしい味。ペロコス、麩、しめじなどの焼物。   豊後牛を豆乳でしゃぶしゃぶにして食べます。
             
     
沸騰してきた豆乳にお肉をサッとつけて、まだ赤身があるうちにゴマダレを付けて食べると柔らかくておいしい。   豆乳のお汁が煮立ってきたら野菜をたくさん入れて食べました。新鮮な野菜と豆乳で栄養満点。ふーお腹いっぱいだ。   れんこん、ふぐ、京いもなどの揚げ物が追い討ちで出た。といいながら、食べていた。   揚げ物と同時に出たごはんに赤だし、お漬物がおいしいがお腹は破裂するようだった。まあよく食べれるもんだと感心した。
             
     
そして最後の最後、デザートは別ばらなのかメロンや苺をあっという間にたいらげました。おしまい。   ぼちぼち他のお客さんが食事にやってきた。みんな料理の期待感でいっぱいだ。こちらは食事終了でお部屋に引き上げだ。   明るくきさくなスタッフのみなさん。記念写真も気軽に応じてくれました。料理のこといろいろ教えてくれてありがとう。写真の「顔は判らない」と言いましたが判るね。ごめんね。   部屋に帰る途中、自販機でビールを買っていきました。高いんではないかと思ったらドラフトワンが140円でした。他のジュース類も120円、町で売っている値段と同じだ。だったら持込しなくてもここで買えばいいのだ。
             
朝食 
     
朝食も1Fレストランです。大粋な窓から湯布院の景色が見えて気分が爽快になりました。   今朝はすごい朝霧が出ていて曇った感じですが、それはそれでいい雰囲気です。   テーブルには料理が並べています。お味噌汁の匂いがプーンとしておいしそうです。   お味噌汁に箸を付けるとアサリ貝が出てきました。薄味味噌でとって上品な味でした。
             
     
温泉たまごは黄身がとってもきれいでスルッ喉に入っていきます。   こちらの自慢のジャガイモの餅。お汁をかけていただきます。ジャガイモが本当のお餅のように弾力があります。   煮物。しいたけが美味しいですね。
ピリッと辛い辛子しいたけが気に入りました。
  朝の定番、塩鮭に明太子とかまぼこご飯をお変わりしたくなります。
             
     
イカとコンニャクを刺身風にしていて酢味噌につけて食べます。   食べ終わりました。お腹いっぱい満足です。ごちそう様でした。BGMが流れる中小鳥のさえずりが聞こえとっても印象的な朝食でした。   朝食のあとは下の階の休憩室に行ってコーヒーサービスを受けました。   セルフサービスですが何杯でも飲めます。いろりの淵にカップを置いて「楽しかったねー」と家族と話しながらゆっくりさせてもらいました。
             
 続いて「コレクション」へ→
 

 彩岳館お泊り体験メニュー
案内と部屋 温泉 料理 コレクション
彩岳館さんの公式サイトへ