これが湯布院"一覧

宣伝用ポスター

 あるお店で食事している時、お店の壁に貼っている湯布院の宣伝用観光ポスターを見つけました。そのポスターに載っている写真は素晴らしい景観です。このポスターを見て湯布院をイメージし、湯布院へ行ってみようと思った人は多いはず。でも、いざ来てみるとそんな景観はどこにあるの?って感じ。よし、ではそのこんな素晴らしい景観が見える場所を探してみようということになりました。遠そうだったので、自転車に乗って目的地へ向いました。以外にも、その場所は街からすぐ近くにあったのです。
 
 
このポスターの「四季のうつろい 時の流れ 行きかう人々 今も変わらぬ 湯布院」というキャッチコピーが少し気になったが、この風景写真はとってもいい。フラッシュ焚いたので由布岳が光って見えるのが残念だけど。実物のポスターはすごくいいよ。
     
 
↑ 地元の人に、このポスターの撮影場所を教えてもらいました。さっそく、御幸橋からスタート、目的地に向かって自転車を走らせました。細い川沿いの道です。湯布院で面白いのは、川沿いを行けば、あちこちつながっていてどこへでも行けます。JRの線路をを横切り、南の方向へ向いました。まずまずの長閑な田舎の風景が広がっています。
 
 
↑ 川の流れは勢いがあります。大分川へ水が勢いよく流れています。川沿いはススキや草の緑が続きます。振り向いてみると、由布岳が見えました。もちろん、ここはまだ、ポスターの風景の場所じゃありません。
 
 
↑ 川沿いの風景と、川の反対側の田園風景。いいですね。今年は台風の影響で稲が倒れてしまって、農家の方は大変ですね。
 
 
↑ こんな風景とても田舎らしくていいでしょ?ここで振り向いて由布岳をみると、少し遠くに見えます。おお!けっこう目的地近づいているぞ!もうすぐだ。
 
 
↑ 列車が走っている。トロッコ列車だ。のどかだなー。この川沿いコースでは、歩いている人とよくすれちがいます。。地元の人が健康管理で歩いているのかな?黙々と歩いています。このいい空気といい風景の中でウォーキングすると、すごく健康になるでしょうね。
 
 
↑ 由布岳って、見る場所によって形が変わると思っていたけど、この辺りではまったく変わらないことがわかりました。むしろ、遠くに行けば行くほど、由布岳が近くに見えるような感じになるのは不思議ですよね。
 
 
↑ この辺りかなと、振り返って由布岳を見てみる。まだポスターの写真と少し違うな。でも、近いぞ、近いぞ。
 
 
↑ ここは自転車を一生懸命漕ぎ過ぎて、行き過ぎたのかな。こんな川は写っていないものね。きれいな風景だけど、この風景もポスターになる風景だよ。右の写真のように、少し戻ってみました。多分ここでしょう。でも、ポスターでは列車「湯布院の森号」が走っているよね。
 
 
↑ 線路に近いところに移動しています。日曜日なので、少年野球の練習に子供たちが続々と集まってきました。なるほどここにグラウンドがあります。陸橋の坂道をトレーニングのため駆け上がっています。子供たちが「こんにちわ」と挨拶してくれました。「ここは何処」って聞いてみたら「ここは湯布院です」と答えてくれました。「湯布院はわかっているけど何という地域?」と聞くと「川南です」ニコニコしながら答えてくれました。
 
 
↑ 「湯布院の森号」が通るのは、線路が見えるこの陸橋あたりだと様子を窺っていると、向こうからトロッコ列車がやって来ました。
 
 
↑ トロッコ列車にお客は余り乗っていなかったけど、素晴らしい風景だね。「トロキュウ」というんだね。「オバキュウ」にあやかっているんだろうね。
 
 
↑ ついトロキュウに見とれて、過ぎ去っていくまで見送っていました。この位置から由布岳を撮って見るとこんな感じです。「湯布院の森号」は合成写真だったことが判りました!とても素晴らしい風景ですよ。皆さんもぜひ写真撮影に来て下さい。列車が通る時間まで、由布岳をバックにした田園風景を楽しんでください。