いやー、このおまつり、
感動したなー!
町の人たちが力を合せて
祭を盛り上げる様子…
町の皆さんの真剣な顔!
カッコ良かったでー。
(2005年4月24日のお祭りの様子です。)
このおまつり、絶対いいと思ったよ。いろんな湯布院のイベントを見てきたけど、このおまつりが一番よかった! マンネリ気味の他のイベントに比べ、このお祭りには湯布院町民の方のパワーが感じられた!湯布院らしいお祭りでした。こんなおまつりがいいな。今回見逃したみなさん来年はぜひぜひ見に来てください!!
お祭りの前日4月23日(土)の夜、山の斜面に「ゆ」文字が暗闇の中に浮かびあがりました。「ゆ」文字焼き。  翌日、朝早く、町内の住民がおみこしを担いで地区をねり歩き始めた。ゆふいん温泉まつりの開始です。
可愛らしい子供みこしの行列も。「ワッショイ!ワッショイ!」の掛け声がかわいいー。  まつりのはっぴを着てハチマキも凛々しく町内をねり歩きます。
湯布院駅前の由布見通りにまつりの横断幕がはられ、道沿いに旗がたくさん。  お馴染みの屋台店も出ています。
店の前に並べられた品物。 インドのお嬢さんも、歩道にピアスやスカーフなどを並べています。若い男の子に人気です。
由布院温泉の守護神? 特に慎重に祭壇に置かれています。  今年も献湯祭の始まりです。温泉に感謝、感謝。ほんと湯布院住民は温泉の恵みに感謝せんとな。
町の知名人が参加しています。 通りは観光客や町内の人たちが集まって来ました。
こちらは敬老会。 子供神楽です。
一生懸命に神楽を踊る姿が感動です。怖い神楽の指導するおじさんが何度も舞台に上がって、子供に振り付けを注意していました。  子供も怒られないように、顔を真っ赤にして一生懸命踊っています。これにも感動、感動。
…。 女装?! さて、いよいよ、たくさんの風船を放ちます。
みんなその時を待っています。 この風船には、湯布院のお宿のペア宿泊券がついているのです。
司会のお姉さんが「3、2、1、スタート!」と合図しました。  いっせいに風船が大空に飛んでいきます。ハート型の風船もあるね。
この風船をひろった方は、お宿のペア宿泊券を楽しみにね。その券で湯布院に泊りに来てください。  こちらは、ことしの湯布院観光のキャンペーンレディ。さっき発表がありました。
ワッショイ!ワッショイ! …、
…、 このパレードを取り囲んだ大勢のお客さんたち。
子供みこしも練り歩きます。 人通りもスゴイスゴイ。
子供たちも可愛くね。でもちょっと疲れたね。  「ワッショイ、ワッショイ」と大人が言っています。
駅前でスピーカーがサンバのリズムをガナリたてます。  遂に出た!「マツケンサンバ」
龍。 龍。
トラクターも一役。いいね。 それに乗っていたのは、お姫様?
おとこしも闊歩。 おまわりさんも交通整理が大変!
チャイナ風? 口から煙が。さっきから爆竹の音がしてお客さんが驚いています。
いなせなおねえさんキリッとハッピ、ハチマキにはさんだ飾りがいいよ!  特設の舞台ではだんだんと盛り上がりを見せています。
由布岳に見守られて…、 こちらではフラフープの練習。結構上手だね。
通りはマツケンサンバ、がすごい盛り上がり、 舞台でもリズムに乗って、
オーレ〜、オーレ〜、マツケンサンバー♪、… 「オ・レィ!」 決まったあー!
みんな嬉しそう! 拍手、拍手で、祭も最高潮!最高潮!
ここで特別ゲストの登場。「カワイー!」と会場から声がかかる。 10月から始まる、NHK朝の連ドラ「風のハルカ」のヒロインを演じる村川絵梨ちゃんです。
もらった自転車に笑顔で乗って見せてくれました。「5月末からの湯布院ロケよろしくお願いしまーす」 絵梨ちゃんも一緒に、この祭の地区の出し物の表彰式。
10万円の優勝賞金に喜ぶチーム。 写真をみんな撮っています。
報道陣も大勢で写真を撮っています。こちらはお昼に生ビールを振舞ってもらって疲れてしまった!でもいいお祭りでした。このあといろんな催しが行われましたが…、


ホームへ