夏の暑い日、
涼を求めて、大杵社の
森を訪れた。こんもりとした
樹木と蝉の鳴き声に、懐かしい
郷愁を感じた。
鬱蒼とした木々がたくさんあって陽射しを和らげてくれます。 神社の入り口はこんもりとした森の佇まいです。子供のころに神社でしたいろんな遊びが蘇ってきました。
坂を登ってここまで来ると喉が渇きます。調度いい具合に冷たい水が飲めました。 鳥居をくぐって階段を上ります。蝉の鳴声が境内に響いていました。まさに蝉時雨です。
まずは賽銭箱に小銭を入れてお参りします・ ガランガランと古そうな大きな鈴を鳴らしました。
お宮の横には異常に大きな樹木があります。 ビックリするほどの大木です。
樹木の案内です。国指定天然記念物なのだ。10メートル以上もあり、高さは38メートルもあるんだ。 根元の太さが13メートルもある大杉なんてはじめて見ました。
太い根は敷地の四方八方にはっていて、神社の下にも根をはっているようです。 神社の奥のほうを見ると本殿が少し傾いています。大杉の根がはり出して来ているからでしょう。
神社の境内を見渡すとたくさんの樹木が繁っています。 もう慣れましたが蝉の鳴声が凄い音を奏でています。
鬱蒼とした樹木の間から太陽の暑い日ざしが射しています。 休憩所もあります。陽射しを避けてひと休みできます。
境内から小道を奥へ行くと素晴らしい竹林があります。 竹林はずっと続いていました。相変わらず蝉時雨は降っています。
この大杵社には車が2台ほど停められる駐車場もあります。 風のハルカのドラマの中で子供たちが夜中に、冒険の旅にでるシーンを撮影した場所です。夜はきっとお化けが出そうなこんもりとした森の中にある神社でした。



ホームへ