元日、湯布院に来てみたら
真白な雪に覆われた
美しい風景になっていました。
トップへ
 年末年始に久方ぶりの雪が降り、湯布院盆地は雪化粧になっています。越年客も思わぬ大雪に驚くやら喜ぶやら、山間部は積雪で交通機関も麻痺してしまいました。でも、こんなきれいな雪の湯布院は魅力的でもあります。そんな湯布院のお正月を写真スケッチしてみました。

↑空が曇っているので町全体が暗くなっています。

↑段々畑の雪。きれいだー!
↑畑は遠くまで真白です。 ↑しかし、シャッターを押す手はかじかんで、寒さに絶えられません。

↑由布岳は雲に隠れて見えませんが、隣の山は雪化粧できれいです。

↑木々の雪饅頭。
↑綿帽子をかぶった藁子積み。 ↑道路は雪が解けていますが、脇道はゆきだらけです。

↑地元の人が初詣に来る「六所宮」(宇奈岐姫神社)に着きました。

↑初詣客がたくさんいます。屋台店も出ています。
↑御神燈のちょうちんがたくさんぶら下がっています。

↑大きな鍋を抱えたおばちゃんたちが忙しそうにしています。
↑本殿の入り口の門はさすがに雪は屋根にかかっていません。 ↑獅子の石像に雪が乗っかって愛嬌のある顔になっています。

↑境内に入ると家族連れがお参りに来ています。

↑ガラン、ガランと縄を揺らして大鈴を鳴らします。拍手打って神様にいろんなお願い事をします。

↑お賽銭も忘れずに…。願い事叶うように。 ↑年の初めはやっぱりおみくじ。僕もお父さんに開けて貰って「大吉」といきたいですね。

↑おみくじはきちんとここに結んでおきましょう。

↑このお宮の樹齢600年以上の大杉が立ち並んでいます。

↑お清めの水が冷たいこと。手が凍るような冷たさ。

↑家内安全のお守りなどを買っています。
↑神社を出ると陽が照ってきました。真白な雪が光って、ますますいい景色になりました。



続いて雪道を散策しながら金鱗湖の湯気を見ました。

雪道の散策へ続く


ホームへ