金鱗湖の風景は
観る場所によりその表情
が変わります ぜひ!
畔を一周してみてください
トップへ
ここに来られた殆んどの方が、残念ながら、入り口あたりの風景だけを観て帰ってしまいます。もっとゆっくり、湖の周りを散歩しながら美しい風景を楽しみましょう。観る場所によって様々な変化があります。

(地図)@金鱗湖に近づきました。中央の樹木の陰に湖が見えてます。

ここが金鱗湖の入り口です。自転車置き場があります。
A入り口付近には、やはり観光客が大勢いました。 ガチョウは人に馴れていて、ガアガア餌をねだります。

殆んどの観光客はこのあたりで立ち止まって引き返します。これからがいい景色を観れるんですよ。

金鱗湖の由来が書いてあります。来られた時ゆっくり読んで下さい。
橋の上で写メールしている人が「だから一緒に来ようよって言ったのよ」とか言って笑っていました。

B水の色にご注目を。これから移動していくとだんだん色が変化していきます。
紅葉がきれいです。水に映っています。 ここからはバックの景色が映ってきれいな緑や赤になっています。

Cこちらを見ると空の色が映り、きれいな青になっています。

どんどん歩いて行きましょう。
きれいな青い水の色。いい景色です。

この橋を渡ると公園です。
『岳本公園』に来ました。ベンチや休憩場所があります。きれいなトイレもありますよ。

Dこの公園の樹木は大変きれいで、今の時期、多くの紅葉が見られます。
景色を眺めながら、お弁当を食べたり話をしたりする人がたくさんいます。ゆっくりしましょう。

公園の隣は『天祖神社』。すごく大きな樹齢?百年の大木が聳え立っています。
Eこの神社からの風景も見逃せません。 神社の大木を見ながら、少しだけ坂道を上がります。夏は涼しい所です。

このあたりからは金鱗湖は見えませんので先に進みましょう 金鱗湖が見えてきました。真正面に太陽があったので、逆光になり、また違う湖の表情が見られます。

『下ん湯』まできました。手前から湖へ行けます。暖かいお湯が流れる温泉の小川があります。 F水面が風で波立ち、キラキラしたきれいな風景です。ちょっと神秘的な雰囲気が漂う撮影スポットです。

金鱗湖の入り口付近の風景を見ながら、先に進みます。

美術館の横を入ります。
Gここもまた違う風景です。様々な美しい風景を見ることが出来ました。

入り口に帰ってきました。人がたくさん集まっています。
Aここから風景を見て、「琵琶湖の半分ぐらいだね」とか言いながら、そのまま帰る人がたくさんいました。この辺りだけ混んいます。もったいないねエ。

金鱗湖は畔を散歩しながら、ゆっくり風景を楽しまなければ損ですよ!ゆっくり歩いてまわっても20分ぐらいの距離ですから。





次は塚原です。湯布院の原点を見るような山の中のいいところです。
そこで驚くべき400年以上も前から続いているお祭りがあります。

塚原、甘酒まつりへ続く


ホームへ