本館に続き、病棟に案内されて
これまたビックリ!
昔あった懐かしい炊事場や
アートの世界で溢れていました。
トップへ
 本館は明治や大正、昭和初期のレトロとモダンが混ぜ合わされた趣をじっくり味あわせてもらいました。続いて別館の病棟ではなんとなんと大正ロマンを髣髴させるアートな世界が待っていました。
↑広いスペースの炊事場。懐かしい眺めです。ここで看護婦や入院患者が炊事をしていました。 ↑高い天井の梁はは煤だらけですが、壁の白さが引き立っていい調和を見せています。裸電球がレトロです。

↑古いかまど。おいしいご飯が炊けますよ。おじさんの自宅では、いまだにかまどでご飯を炊いていると、自慢げに話していました。

↑イシのすりこぎやお湯を沸かすかまどと鉄鍋、味噌や醤油を入れる瓶などが整然と並べられています。
↑この時代は入院となると布団や米を持参していたそうです。1階の病棟は今ではこのようにガラスケースに資料を展示しています。

↑裸電球や露出した配線と碍子が珍しくていい感じのモニュメントです。
↑ここは手術室。手術台や手術道具が展示されていました。 ↑部屋の雰囲気は昔の面影を残していますが、ガラスケースの中にはいろいろと貴重な資料が展示されています。

↑日野俊子先生のことが書かれた書籍や日本女医会の賞状がありました。

↑いろいろな手紙や写真が展示されています。おじさんが一生懸命説明してくれましたがよく覚えていません。

↑これはよくわかりました。日野篤三郎さんが生前使っていた絵の道具。
↓各部屋のコーナーにたくさんの絵が置かれています。ちょっとした美術館のようです。
↑これらの絵を描いた日野篤三郎さんは1881年(明治14年)生まれです。渡米して絵を学んだようです。斬新なデッサンやはっとするような色使いが強く印象に残りました。聞いて驚いたのですが篤三郎さんはなんと俊子先生の旦那さんでした。

↑この画集は「ゆふいんアートストック」が2001年に発行しています。「ゆふいんアートストック」は湯布院に縁があったアーティストの作品を外部に出さず町に保留しておこうという主旨で出来あがった会である。

↑この画集の末尾に『本書の図画、写真、文書の無断転載を禁じます』と書いてあるのであまり多くは紹介できません。少しだけ写真を撮らせてもらいました。お許しを…。 ↑日野篤三郎さんの自画像。
話は少しそれますが、湯布院の高齢者総合福祉センター「温水園(ぬくみえん)」に入園して、趣味で毎日のように絵を描いている東勝吉さんの絵の素晴らしさに魅了された方々が、上記の会を発足したそうです。東さんの絵は温水園を訪ねるとたくさん展示されていて、入園しているお年寄りを和ませています。温水園のホームページでも東さんの紹介がされています。

↑こんなオシャレな昔の帽子とトランクがさりげなく置かれています。 ↑この重々しい模様が入った石膏造型はなんでしょう。おじさんは本館1階で見てるはずですよと質問してきました。

↑本館1階診察室の照明の天井の飾りでした。 ↑こちらは病棟の2階の部屋です。こんな感じで絵が飾られています。

↑病室は3室です。襖で仕切られています。

↑長く続く廊下。
↑滑り止めを施した階段。この階段をゆっくり下りて本館1階に行きました。 ↑旧日野病院の案内書によれば、日野医家祖先の師、種痘の恩人シーボルト先生の写真。

↑地元新聞に大分県内最古の洋風建築として、このような漫画入り記事も紹介されています。

↑これでおじさんの説明が終わりました。おじさんありがとう。おじさんの説明でこの旧日野医院の素晴らしさがよーくわかりました。今後も頑張って訪れたお客さんに旧日野医院の素晴らしさを紹介してください。インターネットを見ましたとお客さんが訪れたらヨロシクネ!!



まだ旧日野医院本館のページを見ていない方はこちらへ⇒「必見!旧日野医院」

<問合せ>
日野病院運営委員会
TEL0977(84)2324 

〒879-5103 大分県由布市湯布院町川西467-4

入館料:大人(高校生以上)…300円/小人(小・中学生)…150円
開館時間:午前10時〜午後4時 休館日:毎週火曜日・年末年始


さて、長かった冬も、ようやく終わりの兆しがみえてきました。
湯布院の春は由布岳周辺山野の枯れ草を焼く野焼きから始まります。
待ち遠しい春…早く来い!
ここまで見ていただいて大変お疲れでしょうけど、続いて見てください。

春よ、来いっ!へ続く


ホームへ