樹齢300年のフジ棚、
まぶしいばかりの紫の花すだれ
200段あまりの情緒ある
古い石段を登って、たどり着いた
閑静な寺…
JR南由布駅前の道路を隔てた山の中腹に西蓮寺があります。浄土真宗本願寺派に属する慶長11年(1606年)に創建された400年の歴史を持つ寺です。天然記念物にも指定されている4月下旬から5月にかけて咲くフジの花の名所です。 
南由布駅の前にあるこの看板(?)が目印。 車でも登れるのですが、やはりこの石段を登りましょう。200段近くあるのでちょっとだけきついですよ。
すごい数の竹林。鴬の声も聞こえます。とにかく静かです。  こんな可愛い花を見ながら登っていくと、きつさも半減するね。
ポツンと竹の子が生えていました。 まだあともう少しあります。よいしょ!よいしょ…。日頃の運動不足を痛感します。
山門が見えて、あー、やっと着きました。 おばちゃんは何食わぬ顔で入っていきます。元気だねー。
お寺の境内。 その左方向を見ると、きれいなフジ棚が。
すごいすごい、花のすだれだ! びっしりと垂れ下がっています。きれいだねー。
下に入ってみると、木の枝がすごく変形しています。  これは見ものです。
ぐにゃぐにゃと四方八方に伸びています。300年の間にこうなったんだね。  立て札が木の根元に立っています。根の張り方がすごいね。
こうしてふたりでこの下を歩いてみたいな。 自転車で来たおじさんが熱心にこの風景を描いています。
池の上にもフジ棚がきれいです。 池の水はきれいな山上から流れてくる清水です。大きな鯉が泳いでいます。
本堂の廊下。障子を開けてみてビックリ! すごく立派な室内です。金、朱のハッとする色彩。
特に天井がすごい。ねっころがって見たい雰囲気です。 さまざまな水墨画が埋め込まれています。ひとつひとつをよく見ていくと味わいがありますよ。
別棟のお経堂があります。 狭いお堂の中には、お経の本がびっしり詰まった棚がありました。
天井を見上げるとこんな像が何体もあります。  お寺の鐘もありました。
帰りは石段を降りずに寺の横の道を。この道は自動車が通れます。 鬱蒼と繁る杉の林、森林浴。おいしそうなたらの実がいっぱい。
道路わきの可愛い草花をたくさん見ることができます。 お寺の入り口に着きました。みんな石段を登っています。
出口、のどかな湯布院のまちの風景。 右を見ると南由布駅。



ホームへ