由布院に来たら、早起きしてみよう!
日頃は見られない
大自然の不思議な現象が
早朝に、起きています。
 秋から冬、そして春にかけての由布院盆地の早朝は、特別にすばらしい風景を見ることができます。朝焼けや朝霧、そして空に向かってあがる湯気など、盆地特有の神秘的な自然現象のオンパレードです。ちょっと寒いけど、早起きして町を散歩しようよ。二日酔いなんか吹っ飛んでしまうほど美しい、凛としたひと時を体験できますよ。

↑朝焼け。とっても美しい日の出です。空が赤く染まり、山陰から出てくるお日様が盆地内を赤い幻想的な世界に導きます。 ↑ここ蛇越峠(じゃこしとうげ)にいってみると、鮮やかな色彩の日の出とともに盆地に雲海が発生している美しい風景が見られました。なんとも壮大で神秘的な景色が広がっています。
↑時間経過とともに朝焼けが薄くなり空が白くなっていきます。次第に朝霧がはっきり見えてきて、それは盆地がまるで白い湖の底に沈んだかのように美しい景色になります。 ↑山々が青く映り明るくなっていきます。目を瞠るようなこの幻想的な美しさを、由布院へ訪れたら是非とも目にしていただきたいのです。 
   
今朝は霧が深くて遠くの風景がかすんで見えます。町が霧の中で不思議な景色になっています。
霧の下の水がはられた田んぼには由布岳が映っています。
町から山へ登って狭霧台に来てみると、それはそれはすばらしい朝霧が出ています。この美しい風景をぜひとも見てほしいですね。これを見るだけでも湯布院に来てよかったぁと感じさせる絶景です。
↑凍てつくような寒い朝は、街なかで樹氷が見られます。白く凍りついた樹木が朝日にあたり美しい神秘的な風景になっています。 ↑草花にも霜がかかり、あちこちに霜柱ができています。足で踏むとバリッと気持ちのいい音と感触がします。
川沿いを歩くと霧や湯気が織り成す由布院独特の風景が広がっています。美しく咲いている草花はあちこちにみられます。まさに由布院の朝は自然が醸し出す美しい景色を満喫できるのです。
金鱗湖では湯気がもうもうと上がっています。下ん湯あたりから湧き出る温泉のお湯がこの冷たい湖に入って行き水から湯気が上がるのです。冬場は日中でも湯気が上がりますが、早朝は特に美しい幻想的な湯気を見ることができます。
今朝も運良く朝焼けが見られました。燃えるような空!なんと美しい!盆地を赤く染めています。
別の日にはお月様のような小さな太陽が山影から顔を覗かせます。気持ちがぐっと落ち着く穏やかな陽射し、また今日も湯布院の一日が始まります。
幻想的な風景。由布院ならではの風景。ぜひ由布院では早起きして散歩してください。早朝の風景を体感してください。早起きは三文の得という意味が理解できると思います!


ホームへ